初級システムアドミニストレータ 最新記事
初級システムアドミニストレータ カテゴリ
初級システムアドミニストレータアーカイブ
初級システムアドミニストレータ 情報
情報処理技術者試験 国家資格である初級システムアドミニストレータは
情報処理技術者試験の中でも難易度のもっとも優しい資格であり
システムの開発や構築 運用といったエンジニア系資格が多い情報処理技術者試験の中でも
コンピュータ利用者向けの資格であり
利用者の立場からシステム管理者などへ具体的な問題点や要望を取りまとめ
出来る事と出来ない事と正確に判断できるよう
コンピュータ全般についての基礎的な知識を問う資格試験です
受験者は高校生や大学生を含めた20代の若い人から
60歳代や70歳代など高齢者の受験者も増加傾向にあり
働きながらの取得もまた短期でも十分に取得が可能なため人気のあるIT資格です
初級システムアドミニストレータ関連はこちら 過去問 参考書 問題
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



初級システムアドミニストレータ 過去問 参考書はこちら
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
初級システムアドミニストレータ 就職
初級システムアドミニストレータ 就職

企業により資格手当てが出るところもあると聞きますが
初級システムアドミニストレータの資格だけでの
就職は少し厳しいかとも思います

もちろん国家資格ですのであった方が履歴書にも書ける資格なわけですが
資格取得者の数も多く将来的には必須資格になりそうな勢いも感じます

また一部の企業ではこの資格を持っていないと
昇級昇格が望めないところもありますので
業種によっては持っていて当然と思われる資格なのかもしれません

ただし営業職や事務職 販売など
どのような職種でもコンピューターを扱うことの多い昨今
就職活動の一環として初級システムアドミニストレータ資格を取得するのも
ITに関する基本的な知識を証明出来るためメリットは多いかもしれません


初級システムアドミニストレータ 試験 基本情報
初級システムアドミニストレータ 受験資格
初級システムアドミニストレータ 試験日
初級システムアドミニストレータ 試験科目
初級システムアドミニストレータ 難易度
初級システムアドミニストレータ 合格率  
初級システムアドミニストレータ 合格ライン
初級システムアドミニストレータ 仕事内容
初級システムアドミニストレータ 年収
初級システムアドミニストレータ 過去問 参考書はこちら
就職 | 【2008-11-20(Thu) 09:34:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。